資産運用

【年金問題】これから老後破産者が増えていく!

年金問題!最近話題です。

2019.6の麻生財務大臣の発表で、「自己資金で2000万円用意して下さい。」
という発表も出ました。

ただ、この2000万円は今の時代の金額で、ギリギリの暮らしです。

これからの時代は、裕福な暮らしをするためには4000万円や7000万円など色々な噂が飛び交っています。

一つ共通して言えるのは、年金に頼っては生きていけないということです。

では、年金とは?私たちがやるべきこととは?何でしょうか?

老後破産問題の前に年金の仕組み

そもそも年金の仕組みとはどのような形でしょか?

一言で言いますと、

今の労働者が給料の一部を高齢者の生活資金を負担している。
将来的に、次世代の労働者が自分が高齢者になったときに、負担してもらう。

と言うことです。しかし、冷静に考えてみてください。これから、高齢者がどんどん増えていき、若者がどんどん減っていきます。

これからの時代、明らかに労働者の負担が大きくなりますよね。

負担が大きくなるばかりでなく、将来私たちがもらえるはずの年金も少なくなることが目に見えてわかります。

老後破産のために理解しておきたい、年金のせいで日本に生きているだけで借金

今の現状でも、全然足りていません。面白い資料があります。

学習院大学経済学部 鈴木亘教授試算より、「厚生年金の”世代間不公平”」と言うことで下記のデータが発表されました。

1940年、1950年代に生まれた人は、払った金額よりおおくの年金を貰えます。

しかし、1960年以降の人は払った年金よりも少ない年金しかもらえません。

私は、1990年代生まれなので、−2610万円です。これは、日本に生きているだけで2600万円もの借金を背負って生きていると同じことです。

更にこれから生まれてくる子供達は借金3000万円が確約されて産まれてきます。

では、なぜこのような状況におちいってしまったのでしょうか?

年金制度のはじまりは、11人でひとりの老人を支えようということで、この制度が始まりました。

これからも子供の人数がどんどん増えていくと予想していたのです。今の少子高齢化社会になるなんて、制度が始まった当時は思っていませんでした。

今の時代は、三人ひとりの老人を支えるくらいまで、高齢者の人数が増えていき、労働者の人数が減っています。

さらに、2050年には、労働者ひとりで一人の高齢者を支える時代に突入していきます。

イメージしてみたください。

家に帰ると見知らぬおじいちゃん(もしくはおばあちゃん)が住んでいるのと同じです。そして、私たちは彼らを養っていかなくてはなりません。

年金は私たちの時代にもらえるの?老後破産者対象者は多い?

年金問題がどんどん深刻になるにつれて、国も徐々に対策を打っています。

マクロ経済スライド

そのときの社会情勢に合わせて、年金の給付水準を自動的に調整する仕組みです。

今の日本は少子高齢化により、労働者の数が少なく、高齢者の数が多くなっていってます。

更に、今後医療の発展で平均寿命が伸びていきます。平均寿命がのびるということは、高齢者の数がもっと増えると言うことです。

その社会情勢にあわせなければ、年金制度は完全に崩壊していきいます。そのために年金受給額を下げにいきます。

しかし、実は年金は見た目上あがっています。理由は、マクロ経済のスライドでインフレーションも加味されているからです。

2019年度の年金受給額は月額1400円増額予定でした。それで、インフレーション対策ができると。

しかし、実際にあがったのは227円です。

これが怖いところです。年金受給額は上がっているのですが、物価上昇分より、年金受給増額分が少なくなっているということです。

多くの人は、その事実に気がつかずに、年金受給額があがったとよろこんでいます。

受給年齢の引き上げ

社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会は昨年春から、5年に1度の年金制度の財政検証を進めている。

年金受給年齢の見直しを実施してます。今の計画では、受給年齢を65⇨68歳に引き上げることや、70歳を超えてからの年金受け取りなど、引き延ばす方向に考えています。

現在で年金受給額の引き上げを検討していると言うことは、今から生まれてくる子供達の時代は、70、75、80歳とどんどん引き上げられる可能性もあります。

年金に頼らない生活を!老後破産を防ぐためには

年金にこれから頼ってはいけないことがわかりました。

これから、衰退する制度のみに頼っていけば、将来自分が困ってしまします。

そもそも、最近国がNISAやiDeCoで個人で将来の資金を貯めてください。と言っています。言い換えると年金のみでは生活は支えることができません。ということです。

将来のために資産形成していなくても、いつでも国は「数十年前に資産運用してください」と言いましたよね。ということができます。

結論、「今からはじめてください!後からいわれてもしりませんよ。だって、忠告はしたのですから」ということになります。

ぜひ、このブログに資産形成の方法もたくさんのっていますので、勉強して、実行してください。