資産運用

「資産」と「負債」の違いをはっきりさせよう【資産勉強者必須】

資産と負債の違いをはっきりとご存知ですか?多くの人がこの違いをはっきり言えないと思います。

資産⇨あなたのポケットにお金を入れてくれるもの

負債⇨あなたのポケットからお金を奪っていくもの

簡単に表すと上記の通りです。

それでは、これについて説明していきます。

資産と負債の違いを徹底解説

資産とは?

一言で言うと、あなたのポケットにお金を入れてくるものです。

いわゆる不労所得です。あなたが何もしなくても勝手におこずかいをくれるので良いですよね!

資産の作り方

ただ、資産を作るのには、お金もしくは、時間が必要です。

不動産を例に出しますと、35年くらいローンの返済がありますので、実際に家賃が入ってくるときは先の話です。一括で買う場合は数千万円単位のお金が必要になります。

自分のビジネスから、お金が入ってくるようになるのも、打ち合わせ費用やパソコンを購入したりお金がかかります。さらに時間もかかります。

ただ、これらは年月をかけることによって、自分のお金をかけることによって着実に資産を構築し、将来的に資産としての役割を果たすことができます。

資産の例

不動産⇨家賃収入としてお金が入ってくる

ブログ⇨広告収入など

駐車場⇨駐車料金が入ってくる

自分の会社⇨仕組み化すれば、従業員などが働いてくれ収益を出してくれる

会社の株⇨株の配当金が入ってくる

MLM⇨自分のダウンが広がれば広がるほど、ダウンの商品購入金額の一部がMLM会社からもらえる

自動販売機⇨売上の一部が入ってくる

本の出版⇨印税

自己投資⇨今自分にお金をかけることにより、さまざまなスキルを身につけ給料が上がったり、自己ビジネスを飛躍させる

など資産を例にするとたくさんあります。

負債

負債とは、一言で言うと「あなたのポケットからお金を奪っていく」ことです。

負債は人間の欲望

資産に投資する人は日本でも数少ないです。理由はお金の教育が皆無だからです。

よって、日本人の多くは会社で給料をもらうと給料日に「呑み」に行ったり、「キャバクラ」で高いお金を使うことがあります。

もっと高い金額でいうと、「車の買い替え」や「旅行」、「リフォーム」など自分の生活を豊かにするために使います。

負債にお金を使うことは、気持ちいことです。資産にお金を費やしても「今すぐ」結果は出ないからです。

しかし、負債にどんどんお金を使っていると「お金に一生困る生活」になるわけです。

負債の例

友人との楽しいい旅行⇨その場を楽しむためにお金を使う

車⇨ガソリン代や車税、高速代など費用がかかる

マイホーム⇨固定資産税や住宅ローンの金利

などこちらもあげるとたくさんあります。

負債ではなく、資産にお金を入れることで、お金持ちに

お金持ちはどんどん資産にお金をつぎ込んでます。

資産にお金を入れることで、「今」ではなく「将来的に」お金もちになることができます。

お金持ちと、お金に困っている方の流れについて図式かします。下記をご覧ください。

左:お金持ちの人
右:お金に困っている人

図のように、あきらかにお金の使い方が違うことが分かります。まず何に費やすか?それが重要なわけです。

資産にお金を費やすということは、周りが消費に走っているときに我慢しなければなりません。

車の購入に走ったり、マイホームを同僚買っている時に、あなたは資産に投資していきます。

将来のお金に困っている人たちの方が楽しそうになり、将来のお金に困っている人たちのところへ行きたいとおもうこともあるかもしれません。

ただ、まだずっと我慢するということではありません。

マイカーをずっと我慢しなさい!や旅行にぜったい行ってはダメ!ということではありません。

下記図をご覧ください。

これが、お金持ちの最終的なお金の流れです。基本的に資産からでてきたお金で消費します。

そこからの負債なのです。

こらから何が言えるかと言うと、「お金が減らない」わけです。

資産は一度構築するとそうそうに壊れません。一度構築するとかったにお金をあなたのポケットにお金を入れてくれます。

資産から生まれたお金で娯楽しようが、毎月には勝手に資産から振り込まれているわけです。

さらに、投資するということは、「万が一」があった場合や高齢化で働くのが辛くなった場合でもお金にこまることは無いということです。

なぜなら、資産がお金を生んでくれるから。

資産と負債の違いをはっきりさせ、「今」ではなく「将来」に!

あなたがやることは、「資産に投資する!」これだけです。

給料をもらったら、まず負債にしようするのではなく、「資産に投資」してください。

その後、資産で生まれたお金で負債に費やすのもよし。

具体的な投資先は

不動産、自分自身、会社を作る、ブログ、etc…..

周りの友人や同僚が「負債」に費やし、あなたが「資産」に費やしている時は、友人や同僚たちの方が楽しそうにみるかもしれません。

しかし、早いうちから投資することによって、将来的に莫大な差がつき、生活に余裕ができます。