生活

老後資金はいくら必要?あなたは大丈夫?【生涯独身の場合】

実際に老後資金はいくら必要でしょうか?

おそらく年金に頼らないとしたら、数億円、頼って5000万円越えくらい必要かと思います。

そのためには、私たちは自分自身で資産を形成していく必要があります。

実際に金融庁の発表で、2000万円問題が発表され大騒ぎになりました。

しかし、実際には多くの人が2000万円では全然足りません。

2000万円とは生活最低限のお金です。

そこで、簡単な計算方法で算出することができます。よく保険会社か使う計算式と同じ計算式です。

今回は生涯独身を貫く人向けにシュミレーションを出していきます。

老後資金がいくらかわかる計算方法

最初は年金をもらえない場合を考慮して、考えます。今の日本で、年金が確実にもらえる保証はありません。

もしかしたら、財政破綻し、年金支給できない状態も出てくる可能性があります。

一人世帯の場合、年金に頼らない場合

例:生涯独身の場合

何歳で退職するか?=A

何才まで生きるか?=B

月額の生活費=C

C×12ヶ月×B-A=老後に必要なお金

上記の計算式を元に計算していきます。

例1
女性の平均年齢、平均生活費の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=85才
月額の生活費=20万円

20万円×12ヶ月×(85-65)=4800万円

4800万円もの貯蓄が必要になります。

単身世帯で4800万円もの貯蓄が必要になります。

例2
男性の平均年齢、少し余裕を持った生活の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=80才
月額の生活費=25万円

30万円×12ヶ月×(80-65)=5400万円

単身世帯で5400万円もの貯蓄が必要になります。

今は、平均年齢で計算しましたが、これから医療がどんどん伸びていき人生100年時代といわれています。では、100歳まで生きた場合はどうなるでしょうか?

これから先、男女共に平均年齢を100歳として仮定します。

例3
女性の将来の平均年齢、平均生活費の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=20万円

20万円×12ヶ月×(100-65)=8400万円

とうとう、1億円近くなってきました!

8400万円必要です。

例4
男性の将来の平均年齢、少し余裕を持った生活の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=25万円

25万円×12ヶ月×(100-65)=1億500万円

1億円の壁をとうとう超えてきました。1億500万円必要です。

年金をもらえるものとして、加味しても、、、

ただ、私たちは国民の義務として、年金を支払っています。そこで、今まで通り年金がもらえた場合のシュミレーションを出していきます。

今の日本では、
国民年金者=5.5万円/月
厚生年金者=14.7万円/月
となっています。

計算式を以下のように定めます。

例:生涯独身の場合
何歳で退職するか?=A
何才まで生きるか?=B
月額の生活費=C

C×12ヶ月×(B-A)-12ヶ月×年金受給額/月×(B-A)=老後に必要なお金

人生100年時代を考慮して、100歳まで生きると仮定します。

例5
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=20万円
厚生年金授与者

20万円×12ヶ月×(100-65)-12ヶ月×14.7万円×(100-65)=2226万円

ここで、麻生大臣の言っていた老後2000万円問題に近づいてきました。

例6
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=20万円
国民年金授与者

20万円×12ヶ月×(100-65)-12ヶ月×5.5万円×(100-65)=6090万円

国民年金の人は老後の負担がさらに大きいことがわかります。おおよそ2.5倍程度負担が大きいことがわかります。

すこし、余裕を持った暮らしの人だとどうでしょうか?

例7
少し余裕を持った生活の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=25万円
厚生年金授与者

25万円×12ヶ月×(100-65)-12ヶ月×14.7万円×(100-65)=4326万円

例8
少し余裕を持った生活の場合(東京在住の場合)
何歳で退職するか?=65才
何才まで生きるか?=100才
月額の生活費=25万円
国民年金授与者

25万円×12ヶ月×(100-65)-12ヶ月×5.5万円×(100-65)=8190万円

意外と必要なわけです。

退職金を考慮すると、厚生年金の方はなんとかなるかもしれません。

退職金も年々減少していき、今もらえる金額を全ての人がもらえる保証はどこにもありません。

国民年金の方は基本的に退職金はありませんので、このお金を自分で貯蓄するなどして、なにかしらの方法でお金を老後資金にあてるしかありません。

ここでお伝えしたのは、あくまで「生涯独身」の方が対象です。

老後資金には、独身を貫き、贅沢な生活をしなくても最低2000万円くらいは必要。

国民年金者は厚生年金受給者より問題は深刻。

どんな人でも、資産運用が重要!