フィリピン投資

フィリピン不動産投資で「デベロッパー」選びが一番重要

フィリピン不動産投資を始めるにあたり、最も重要な点があります。

それが、「デベロッパー」はどこが担当しているか?ということです。

デベロッパーとは、直訳で「開発者」、要するに物件を実際に建設している会社のことです。

それでは、なぜデベロッパー選びが大事なのか説明していきます。

フィリピン不動産投資では、大手会社から!

フィリピン不動産投資を始めるときは、大手会社が建設しているところから購入してください。

フィリピン不動産投資は基本的にプレビルドと呼ばれる投資方法が多いです。

プレビルド投資についての記事はこちら

プレビルド投資において、最大のリスクは物件が建設されないことです。

日本ではあまり考えられないのですが、実際に海外では建設が途中でストップするという話もあります。

建設がストップすると、投資自体100%失敗になります。

頭金に入れたお金や、毎月付き支払ってきたお金がすべて消えることになります。

建設の中止の理由として、資金回りがうまくいかず、建設にあてるお金が無くなり、途中で計画中止ということもあります。

マニラ中心部なら、そのような話はほぼないのですが、メトロマニラのケソンシティーの少し田舎にいくとそういったこともあり得ます。

これは、個人単位や小さな会社が建設スタートするが、資金繰りに困り建設をストップします。

ただし、途中で建設されないということをデベロッパーの選択で抑えることができます。

現地の超大手会社が建設している物件を購入すればいいのです。

例えば、日本で野村不動産や三菱不動産などが物件を建設し、途中で資金繰りに困って建設中止という話を聞いたことありますか?

おそらく無いでしょう。海外でも同じです。野村や三菱のように、超大手会社や財閥が建設している会社が手がける物件を購入すれば良いのです。

これにより、物件が建設されないリスクをかなり大きく減らすことができます。

また、念の為過去の物件や途中建設中止した物件はあるのか?なども担当者から聞いてみると良いです。

街の開発も行っている会社なら、尚更良い!

建設会社を超大手と組むことで、建設されないリスクを大幅に減らせることがわかりました。

それとプラスアルファーで、街開発を行っている会社の不動産を購入することをおすすめします。

街開発を行うということは、駅や商業施設、橋などを作っています。

街開発を行っている会社は、コンドミニアムを建設すると同時に駅や商業施設も作っています。

駅直結コンドミニアムや、大型ショッピングモール徒歩5分以内のコンドミニアムなど。

人は世界共通で、便利な街に住みたがります。駅や商業施設が近くにあれば、便利ですよね!

不動産の価格の価値は需要と供給のバランスで決まるので、便利になれば人が住みたいと思い、どんどん不動産価値が上がって行きます。

言ってしまうと、出来レースとなります。なので、なかなか情報源をつかむのが一般的には難しいです。

また、情報を掴んでも多くの場合が抽選式です。

なので、仮に超大手のコンドミニアムが販売させることがわかったら、ひとまず抽選に応募することを勧めます。

フィリピン不動産会社と直接契約を!

デベロッパー選びをしっかり選定を行えば、あとは契約するだけです。

契約のときに、「ちゃんと不動産会社と直接契約ができるかどうか」を確認してください。

日本で海外不動産の良い情報を聞いて、いざ実施するときは契約書をまきます。

日本でこのような情報をゲットするときは、多くの場合が代理店と呼ばれる販売会社から購入します。

代理店と契約書を交わす場合、「この書類はデバロッパーと直接契約する書類ですか?」と確認して、しっかり書類に目を通してください。

仮に代理店のみの場合だと、その代理店が飛んだ場合は物件はあなたのものになりません。代理店が飛んでも、しっかりデベロッパーと直接契約していれば、物件はあなたのものなので、関係ありません。

まとめ

今回は、フィリピン不動産について「デベロッパー選び」が最重要事項ということをお伝えしました。

その理由は、

プレビルド投資の最大のリスクは、物件が建設されないことである。そのため、資金周りがしっかりしている大手デベロッパーから購入すること。

そして、以下の条件もあると尚更よい

街開発も行っているデベロッパーと購入することによって、不動産価値が上がる可能性が非常に高い。理由は、駅や商業施設の近くに一緒にコンドミニアムも建設するかた。

契約する前に確認することは

代理店との契約ではなく、直接デベロッパーと契約していることを確認すること。

以上のことを抑えておくと、フィリピン不動産は実はそんなにリスクは高くなく、大きなリターンが得られる投資です。

海外投資だから、怖いという人がおおいのですが、これからどんどん延びるのが目に見えている国へ、抑えるべきとこさえ押さえていれば、面白い投資になるでしょう。

ポイントさえしっかりしていれば、フィリピン不動産投資はローリスクでミドルリターンの投資先だと私は考えています。