資産運用

投資を反対する人に絶対に見てほしい【その判断あっている?】

投資に限らず、反対する人はたくさんいます。

ですが、その投資を頭ごなしに反対することは本当にその人のためになっているのでしょうか?

これは、投資に限らず新しいことにチャレンジする人を批判する人をたくさん見てきました。

本当にその人のことを思っているのであれば、私はこう思います。

その分野について自分がプロフェッショナルになる。

その人の人生を全て背負うと約束する。

それでは解説していきます。

投資を頭ごなしに反対する人が多い日本

投資に限らず、多くの日本人が新しいことにチャレンジする人のことを「怪しい」や「やめておけ」という人が多いです。

実際に私も会社員時には、お金の勉強を会社の休みのときに時間とお金をかけて勉強し始めた時期、実際運用を開始しはじめたとき、会社をやめて経営側に回った時に言われ続けました。

あいつは、「詐欺にひっかかっている」「あいつはネズミ講をやっていて、悪いお金でお金を稼いでいる」と。

今では言われることは無くなりましたが。当初は否定の声が多かったです。

今の仕事以外でも、海外にバックパッックで旅に出るとき、芸能界に挑戦しようとした時、ほとんどの場合に否定する人が存在していました。

また、現在は多くの人の相談にものって相談者からは非常に喜ばれるのですが、その相談者の周りの人が否定することも多いのも目の当たりにしています。

しかし、多くの否定する人は、その分野に対して素人の方ばかりです。

新しいことにチャレンジする人を否定する人の多くが、自分自身知識もなく、ただ知らないから否定を続けます。

人は変化するのが怖い生き物です。また、その人のことを大切だから、大切な人が変化していくと怖いと思います。

大切な人を思うから、その人の新しいチャレンジを止めることは、誰しもあることですが、それが本当にその人のためになるのでしょうか?

投資を反対するよりも、その人のことを本当に大切ならば行動すべきこと

私は、大切な人が投資に対して反対できる人は、その分野に対してプロフェッショナルの方、もしくは養う覚悟のある人のみだと思っています。

本当に大切な人のことを思っているのであれば、知識をつけてください。

一生養うことを約束してください。

知識をつける

今の社会、年金問題等で投資が必須といえる社会になってきました。

そこで、将来の年金対策にむけて勉強をし始める方が多くなった一方、怖いと思う人も多くなってきました。

ならば、大切な人のことを思うのであれば、あなたが知識をつけるべきではないでしょうか?

実際に世の中に出回る投資商品は詐欺案件もあります。ですがいい案件もあります。

しかし、しっかりと知識をつけるといいもの悪いものの判断はできます。

この投資案件は実際に投資した方がいいのか、悪いのかも実際にわかります。

知識をつけないまま否定するということは、大切な人がよい運用先を否定者のせいで取り逃がすということです。

ならば、知識をつけましょう。知識をつけて、お金の勉強をし、実際にいいと思ったら、大切な人より先に運用し、実際に運用してよかったら紹介すればよいのではないでようか?

知識をつけることによって、多くの大切な人を助けることができます。そして、多くの人いに幸せな人生を送ってもらえるようになります。

例えば投資についてならば、

いい案件と詐欺案件がきたときの相談役になれる。

年金対策についての相談を受け、老後破産を防ぐことができ、その人に明るい未来を提供できす。

養う覚悟のある人

投資を反対する人が知識がないのに否定するのであれば、私はの人に対して、「一生養ってくれますか?」と聞きたいです。

実際に年金問題日本では浮き彫りになり、年金2000万円問題などの大きなニュース、社会の流れとして、運用商品イデコやNISAなどの投資商品が出てきました。

いわゆる日本の政府が「もう投資して運用しないと、老後破産しますよ」と言っているものです。

投資について学ばないと、老後破産するのが目に見えているわけです。

そこで、投資商品の運用について否定し、大切な人が投資について運用をするのをやめたとしましょう。

その人は老後破産します。原因は、投資について勉強しはじめた大切な人が否定されたから、投資できなくなり、そのせいで老後までなにもぜず老後破産するのです。

否定した人のせいで、老後破産する可能性もありますので、もし頭ごなしに否定するのであればその人を一生養ってください。

投資を反対する人がやるべきことのまとめ

まとめますと、投資を反対する人がやるべきことは

自分で知識をつけること

その人を養うこと

この2つのうちどっちかができないのであれば、その人のことを応援してあげてください。もしくは、そのことについて触れないであげてください。

これは、投資にかかわらず新しいことに取り掛かることを否定する全ての人に言えます。

本当に大切な人のことを思うのならば、その人のことについて何がベストなのか?相手のことを考えて発言してあげてください。