資産運用

就職先の決め方はどうしたらいいの?【資産形成とコラボ】

時々、「就職先はどうしたらよいの?」と相談を受けることがあります。

私の得意分野は資産形成なので、よく資産形成と絡めたアドバイスを行います。

では、私が思う就職先や転職先おすすめする項目をいいます。

  • ひとまず大手企業
  • 給料の高い会社
  • 時間のゆとりがあり、定時に上がれる会社

この他にも、人間関係が良い会社や福利厚生が良い会社、やりがいがあるなどあるかもしれませんが、そもそもの前提としてこのどれか1つでも条件が合わないと私はやめてもいいと思っているくらいです。

さらに今回は資産形成という観点で解説していきます。

就職先の決め方その①ひとまず大手企業もしくは公務員

大手企業を選んでください。もしくは公務員を選んでください。

これはなぜかというと信用力があるからです。

「信用力」があるということは銀行からお金を借りることができるということです。

この「信用力」を使って不動産投資が可能になります。

そのお金を借りれる信用力は何で判断されるかというと、

  • 勤続先(資本金1億円以上目安、または公務員)
  • 年収
  • 年齢
  • CIC

おおまかにこの4つです。そのなかで一番注目して欲しいのが勤続先です。

いくら、給料がよくても勤続先が小さい会社あんらば、銀行が「信用力無し」と捉えてお金を貸しません。よって不動産投資もできなくなります。

給料がいくらよくても、会社の規模が小さくては来年には潰れてしまうかもしれませんよね。と見なされてしまいます。

また、大手企業ならば、年収もそれなりに年齢を重ねていくと問題ないかとは思います。

ただ、大手企業にはいっても「信用力」を使わなければ意味がないので、この力は使いましょう!

いま、大手企業にいる人も使ってなければ勿体無いくらいです。

就職先の決め方その②給料の高い会社

次にただただ給料のみ見てください。給料の良い会社です。

毎日残業や土日勤務もあり大変なところもあるかもしれません。ただ今回はお金にのみ注目して話します。

私がなぜこの分野の就職先をお勧めするかというと、お金があるということは投資が成功しやすいからです。

投資の成功条件として、「お金」があるか「時間」があるかのどちらかです。

大手企業に入るということは、「信用力」をつかい時間をお金に変えていく技です。

給料のいい会社に入るということは、「お金」をつかって投資してくださいということです。

普通の会社に入るよりも投資資金はものすごいスピードで入ってくると思います。

これを娯楽に使うのではなく、投資を行ってください。はやいスピードで資産を作ることにより、はやめのリタイヤができます。

これを娯楽に使ってしまうと、毎日忙しい日々が一生続くだけですので、早めに資産を形成し、時間のある豊かな生活を送りましょう。

就職先の決め方その③定時上がりの会社

次に定時上がりの会社です。そして、しっかり週休二日で自由時間のおおい会社です。

では、これが何が良いのでしょうか?

自由な時間があるので、副業ができやすいということです。

副業ができるということは、良いことが二つあります。

  • 「投資資金を稼ぐことができる」
  • 「仕組みを作ることができる」

この二つが可能です。

「投資資金を稼ぐことができる」

みんなが休んでいるときに働いてくださいということです。普通の会社プラスで給料を稼ぐことができます。

それをこつこつと投資に回すことによって、はやい時間に資産が形成されます。

「仕組みを作ることができる」

仕組みとは、資産になる仕組みを作るということです。いわゆるビジネスを行うということです。

直接「お金」というイメージはつかないものなので、ここでは軽くご紹介します。

例えば、ブログで資産や会社を作って仕組みかする、ネットワークビジネスを始めるなど仕組みを作る方法はいくらでもあります。

しかし、それらには共通点があります。それは、その仕組みに要する時間が必要ということです。

簡単にはできる仕組みではありません。しかし、普段遊んでいる時間や自由時間をこれらに当てて、あきらめずにちゃんとした方法で実行していれば数年後には資産になると考えらます。

時間はあるのに、それを暇つぶしや遊びの時間に当ててしまうと、この定時上がりの会社のメリットを無駄にしているのと同じです。

就職先の決め方を間違えないでください。

就職先の決め方をお伝えしました。まとまめすと、

大手企業に入って「信用力」を使って投資を行うこと

給料の良い会社に入り、「お金」で投資を行うこと

定時上がりの会社に入って「仕組み」を作ること

特に、「信用力」を使った投資、「お金」を使った投資が私は得意分野です。

いつでもご相談ください。

また、この3つの条件のどれも当てはまらない場合は、私は就職しませんし、今就職しているならば転職ということも考えて良いのではと思います。

就職先も将来の資産形成に大きく影響を及ぼすので「なんとなく」で決めるではなく、将来的に考えたらどの仕事が人生を豊かにしてくれるのか?を考えましょう。