その他投資

プランスゴールド(PGA)ってどうなの?【詐欺の可能性は高い】

※追記
案件が飛んだということで、一度専門家に相談してみると良いです。無料で相談に乗ってくれます。



ーーーーーーーーー
2020年5月23日に新規オープンする予定のプランスゴールドです。公式HPはこちら

独自のアービットラージ手法により、平均月利15~20%を出せるということで、話題になっています。

今回は投資目線で解説していこうと思います。

まだ始まったばかりなので情報も少なく、詐欺かどうかわかりません。

ただ、調べて言えるのは、投資系のMLMであり、私ならやらないというところです。しかし、月利がこれだけ出せるのであれば、一部の遊び金での投資として考えるのはアリだと考えています。

プランスゴールドについての概要

会社基本情報

PRANCE GOLD HOLDINGS LIMITEDによって運営されています。

  • 英国セーシェルにて登記(オフショア地区)
  • 資本金50億円
  • システムは中国
  • トレーダー・スタッフ66人

運営者情報

●ANDRE GERALD
アンドレ・ジェラルドは、Prance Gold HoldingsのCEOであり、10年以上前にBNIで取引キャリアを始め、その後、暗号分野のいくつかの取引所で重要な任命を経ていました。Prance Gold Holdingsの設立により、アンドレは、いつも暗号化に固執し、市場への良いエントリー時点を待っている大衆のために、収益を最大化することを目指しています。

SAI HEIN
サイ・ハインは、Prance Gold HoldingsのCTOです。この役職において、サイ・ハイン氏は、Prance Gold Holdingsの日々の運営を管理する幅広い責任を負っています。サイ・ハインは、会社のソフトウェアから最高のワークフローと結果が得られるよう、オンライン暗号市場を監督し、市場価格を監視し、重要な戦略的KPIと作業プロセスを設定しています。

●JACOB COULSEN
ジェイコブ・コールセンはCOOとしてPrance Goldに入社し、Prance Goldの取引、研究開発部門の責任者です。ジェイコブのデジタルアセットへの旅はJPMorganで始まり、そこで彼はトレーディングチームのリードディレクターを務め、28人のトレーダーのチームで60億ドルの資金を管理していました。多様な暗号通貨と先物ポートフォリオで10年以上の経験を持つジェイコブのトレーディングに関する知識の精通は、過去5年間のPrance Goldの急速な拡大に大きく貢献しています。

サービズ内容

最低運用額 $1,000
運用上限 なし
平均月利 15~20%
出金 上限なし
出金から着金 最短3営業日
自動運用機能 あり

報酬プラン

報酬プランもあるらしく、下記のようなプランがあります。

  1. 紹介ボーナス
  2. 新規開拓ボーナス
  3. タイトルボーナス

ここまでがざっくりとした内容です。

プランスゴールドについての仕組みやプランなどは、他のサイトで詳しく見てみると良いと思います。

実際にどうなの!?

ここからは私が独自で調べて、実際どうなの?ということについてまとめていきたいと思います。結論から言うと、私は「やらない」が答えです。

その理由は、

  • 報酬プランがある時点で怪しい
  • 泉忠司氏の存在
  • 信頼度に欠けすぎる
  • 月利が高い割に参加ハードルが低い

その理由について解説していきます。

報酬プランがある時点で怪しい

おおくの投資系案件として、ネットワークの投資案件はほぼ詐欺だと言うことです。

ネズミ溝が一番多い種類になっております。ほとんどの場合が自転車操業であり、気がついたら、いなくなっていることが傾向として多いです。

本当に儲かるのであれば、MLM制度なんて設ける必要はないと思っています。

信頼度に欠けすぎる

信頼度にまだまだかけすぎている面があるのではと思います。

詐欺会社でないのであれば、HPに弁護士情報でも大きく載せてほしいくらいです。

また、海外に本社があるということで、日本にも支社も見当たらなく、飛ばれても追いようがありません。

月利が高い割に参加ハードルが低い

そもそも月利15%以上なんて、年利でも出せたらかなり良い方です。一般的に5%くらいなので。

しかも、たった10万円からで投資できるので、誰でも参加できるということです。

仮に月利15%以上もだせるのであれば、事務手数料など、時間の無駄なので大口出資者のみ集めれば良いと考えています。

投資という面でみるのは意外と悪くないかも知れない

ですが、意外と投資だけでみると悪くないかもしれません。月利15%の投資案件は世の中見てもそうそうありません。信頼度にかけるやら、いろいろ言いましたが、それだけのリターンが取れるのであれば、リスクを追って投資するのも私はありだと思います。

ただし、投資するにあたり、あくまでも「遊び金」で行ってください。まだまだ情報が少ないので、「詐欺」だとは言い切れません。もちろん、本当の可能性もあります。

ですが、現段階では詐欺確定ではないし、安心できている材料もないので「超ハイリスクハイリターン投資」だと考えてもいいかも知れません。補足として、個人的に現段階で人を紹介するのはやめておいた方が良いと思います。

今後、仮に飛んだ場合は、専門家に相談してみると良いです。相談無料で一度話をしてみましょう。


もし投資を考えている人であり、リターンを求める人がいれば、お勧めのヘッジファンド投資を載せておきますので参考にしてみて下さい。

【2020年版】FPが選ぶ、個人向けヘッジファンドランキング 短期で効率よく利益を出すためには、ヘッジファンドを選択肢に入れる必要があります。しかし、「出資額のハードルが高い」「情報があまり...