iDeCo・NISA

NISAを始める前に知っておくべき2つのデメリット【FPが解説】

資産運用を行う上で、NISAを使うことで、より資産形成を実施しやすくなるのは間違いありません。

国も全面的推していますので、より安全ですし、使わない手はありません。

しかし、メリットばかりではなく、デメリットももちろんあります。

特にキーワードは「5年後」です。このデメリットを把握しておかなくてはなりません。

それでは解説していきます。

NISAとは?

対象者 日本国内に住む20歳以上の個人
口座 同年に1人1口座、金融機関に住民票やマイナンバー提出
対象商品 ・上場株式(J-REIT ETF含む)、公募株式投資信託
国債、公社債、公社債投資信託は対象外
口座移管 NISA口座には、NISA口座で買った銘柄のみ保有できる。
NISA口座の株式は特定口座や一般口座に移管できるが、他の口座からNISA口座への移管ができない。
非課税投資枠 年間投資額120万円以内、非課税期間最長5年で600万円
非課税対象 購入から5年の配当金額、分配金、売却益

まとめると上記のようになる。最大にNISAのメリットといえば、非課税枠があること。

通常だったら、株の取引で利益を出すと約20%の利益を税金として収める必要があるが、それが非課税になる。

例えば、50万円の株が80万円になるとする。30万円の利益になる。
収める税金は、下記のようになる。

  • 通常:30×20%=6万円
  • NISA:0円

税金を納めなくてよいことになる。

NISAの2つのデメリット

利益が出ても税金を納めなくても良いなら、かなりいいですね!という裏側にもちろんデメリットあります。

あまり知られていない場合も多いので、ここを抑えてNISAをうまく活用しましょう。

損益通算ができない

NISAは損益通算ができないというデメリットがある。

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することです。 上場株式等の投資を行って利益(譲渡益や配当など)が出た場合は税金がかかりますが、一方で損失が出た場合には利益から差し引いて、その分だけ税金を減らすことができます。

通常は、マイナスがでたら、他の出たプラスの利益に損失分を差し引くことができます。

A口座、B口座で取引を行っているとします。それぞれの利益を下記のようにします。
・A口座利益:50万円
・B口座利益:−30万円

収める税金=50万円−30万円=20万円×20%=4万円

結果、収める税金が少なくなります。

NISA口座を組み合わせる場合は、(A口座⇨通常、B口座⇨nisa)

収める税金=50万円×20%=10万円

になります。つまり、得をする場合はNISA口座はプラスだが、マイナスの場合はでデメリットというわけです。

5年後の元本が引き下がる可能性がある

NISAの非課税枠は5年間です。この5年後に「含み損」がある場合は、元本が引き下がれられる可能性が高いです。

5年後には、非課税枠が終了ということで、年末時点の時価でNISA口座から課税口座に移管され、決済されているのと同じになります。

通常ならば、2015年に100万円株を購入するとします。

2018年に130万円まで値上がって売却すると、税金はかかりません。30万円分は非課税ですね。

ここで、2021年まで保有して、非課税期間が終了します。株の価格が70万円まで値下がりしてしまいます。この時点で70万円が元本としてみなされます。

通常口座に移管された後に、100万円まで株の価格が戻ったとします。

すると、100万円−70万円=30万円×20%=6万円
の税金が発生することになります。

最初は100万円投資したのに、この制度を理解しておかないと、元本価格が下がり、結果税金だけ収めることにもなります。

5年後の株の価格は誰にもわかりません。ここを理解してNISAで投資をする必要があります。

対策方法

回避する方法はないが、対策方法はあります。これが、

ロールオーバー制度は使用することです。

ロールオーバー制度とは、5年間非課税期間終了後、同一金融期間のNISA口座内であれば、最長5年間は持ち越せるという制度です。

仮に2015年に100万円投資して、5年後には70万円になりました。

しかし、このロールオーバー制度でNISA口座内に保有できるので、残り5年で100万円以上の価格を出すと、損をしないわけです。

5年間の延命措置ができるということです。

しかし、デメリットもあり、ロールオーバーした年の非課税枠が少なくなります。仮に70万円ロールオーバーした場合、その年の投資額は、

120万円−70万円=50万円

が新たに投資できる額となるので注意してください。

実際にNISAを始めてみよう

NIASは資産運用で一番始めやすい分野かもしれません。国がバックについていて、安心感もあります。

投資を始めるのにも良いきっかけだと思っています。ただし、デメリットもあるので、そこを理解しつつ、正しい投資を始めていきましょう。

・松井証券:株主優待名人の桐谷さんも開設、少額取引の手数料が0円


ぜひ、このきっかけにNISAを始めましょう。また、NISAを始めるにあたり、お金の勉強も大事になってきます。



勉強会にも積極的に参加して、ちゃんとした知識を身につけることで、NISA口座を最大限に利用でき、将来に向けて着実な資産形成ができます。

【2020年】FPおすすめ資産運用会社ランキング老後に備えて、運用は必須となってきています。「年金問題」「終身雇用終了宣言」「退職金減額問題」など、さまざまな問題で将来に不安を持ってい...