国内不動産

不動産投資で融資を受けるため良い属性は?【選ばれた者の特権】

僕も不動産投資興味ありますが、投資できますか?

この質問に答えていきます。資産運用の関心の高まりから、不動産投資にチャレンジする人が増えてきました。

株式や投資信託、FXなど基本的に自己資金で行うものですが、不動産投資はたいていの場合は、銀行から融資を受けて投資を始める場合がほとんどです。

そのため、銀行から融資を受けることができる人、受けることができない人で投資ができるかどうかが変わってきます。では、どのような条件かを見ていきましょう。

hudousan
不動産投資は儲からない。しかし、オススメです!【購入しています】私は会社員時代の2017年から不動産投資(ワンルームマンション)を実施しています。すると、よく このような質問をよく受けま...

※大物資産家や大物社長など稀な場合は対象外とし、今回は一般的な年収の人に向けた記事です。

たぐち
たぐち
私も購入時、条件に合ったので不動産投資を始めました。

不動産投資で融資を受ける属性は?

不動産投資を始めるにあたり、融資を受けるために、基本的には、

  • 年収500万円以上
  • 公務員・大手企業
  • 勤続年数3年目から
  • 年齢

この3点セットが重要です。これのどれかを外してしまうと、不動産投資の対象外だとほぼほぼ言ってもいいかも知れません。

最初に言いますが、大事なことは「ちゃんとしたところに雇われていて安定的な収入があり、年収が高く、ある程度の年数勤務していること」 ということになります。

それでは解説していきます。

年収500万円以上

年収500万円以上(条件によっては450万円以上)が対象になってきます。年収500万円以下だと少し厳しいかもしれませんね。

2018年9月~2019年8月の転職大手のdodaによると

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 345万円 369万円 319万円
30代 442万円 481万円 375万円
40代 507万円 567万円 401万円
50代以上 622万円 671万円 428万円
とここで対象者がかなり絞られることが分かります。銀行もお金を貸すリスクがあります。

しっかりと給料を貰っている人でないとお金は貸してくれません。

たぐち
たぐち
数年前は年収400万円以上でもOKな時代があったけど、条件がどんどん厳しくなっている。

公務員・大手企業

次に安定した職業であることが条件となります。

ここで質問です。年収500万円の公務員と今年だけたまたま年収1000万円になった個人事業主(去年は200万円、来年は未定)、仮にお金を長期間貸すのであれば、どちらにあなたはお金を貸しますか?

やはり安定している仕事の公務員ではないでしょうか?銀行も同じです。長い期間安定した給料が見込める人にしかお金を貸しません。

公務員は一番信用度は高く、次に大手企業となります。目安は資本金1億円以上が合格ラインでしょう。※個人投資家や社長などは資金によるので除外。

順位 職業
1 医者・看護師・公務員
2 大手企業
3 中小企業
4 フリーランス

いくら給料が高くても、年収1000万円貰っていても、企業が安定してなかったり、資本金が少なければ、審査の対象外になります。

私はいまは会社員ではありませんが、不動産投資を行っています。これはなぜかというと、退職前にこの条件に当てはまっていたので、先に購入しておきました。

たぐち
たぐち
会社員を辞めると、この特権が利用できないので、退職前に購入しました。

勤続年数

勤続年数3年目からになります。丸2年は働いてくださいね!ということです。

これは、不動産投資目的で1年間だけ働くや、仕事を本当に長く続けることができるのか?など見ているでしょう。

すぐ仕事を転々とする人は、給料の安定は無いですもんね。

年齢

年齢は25歳以上であり、ローン返済が81歳までの人になってきます。例えば不動産投資において一般的な35年ローンを組める年齢は、47歳以下となってきます。

90歳や100歳までローンが残っていたら、ローン返済前に亡くなって、団体信用保険により、ローンが0になってしまうので、年齢制限は設けています。

ただ、年齢が50歳だからと言って不動産投資を始められないことはありません。返済が81歳までなので、ローンを組む年数が30年や20年と短くなったり、頭金を入れたりすることによって可能です。

たぐち
たぐち
補足ですが、3年前は20歳以上が条件だったけど、どんどん厳しくなっていっています。

その他必要事項

大きな条件が上記になりますが、その条件に当てはまったうえで下記も必要条件になります。

CIC

CIC=信用情報
だと覚えておくと良いでしょう。公式HP

簡単に言うと、
クレジットカードや他の借入において支払い遅れが無いのか?という認識で大丈夫です。

いわゆる「お金に対してルーズな人にはお金は貸しませんよ!」ということです。

お金は困っていなくても、たまたまクレジットカードの引き落としで口座にお金が入ってなかったり、たまたま支払いを遅れたりすると、「あなたはお金にルーズな人です」というレッテルが貼られ、ブラックリストに載ってしますます。こうなると、いくら他の条件が良くても融資を受けることができません。

たった数百円の支払い遅れやたった1日の支払い遅れを甘く見ていると、いざ不動産投資を始めよう!というときにローンを組むことができないです。

また、消費者金融からの借入も厳しく見られます。有名どころでいうと、「プロミス」や「レイク」などですね。

いくらお金に余裕があっても、「そんな金利の高いところからお金を借りるまで生活に厳しいの?なら、お金に対してルーズだよね?」

と見られます。たった数万円を、たった一ヶ月だけでも、消費者金融に借りるのは不動産投資を開始できない要因になってくるので注意しましょう。

たぐち
たぐち
CICには時効がある。仮に今までお金に対してルーズだった場合は、今日からちゃんとしよう!

その他借入

その他借入とは車をローンで購入していないのか?持ち家のローンはあるのか?レーシック手術で分割にしていないのか?iphone11を分割で購入していないのか?など大きなところから小さなところまで様々です。

この理由としてが、人によって、「融資額の限度額」というものが存在するからです。

例えば、3000万円の融資を受けられる人が、車のローンで500万円のローンを組んでいたとします。すると2500万円分のローンしか組むことができません。

また、3000万円の融資を受けれる人が、家の住宅ローンで3000万円のローンを組んでいたとします。するとローンを組むことが出来ません。
(住宅の場合は、ローン関係や購入時のタイミングなどしっかり考えれば、組むことはできますが)

健康状態

団体信用保険=健康な人が入ってください。ということです。

団体信用保険の大きな役割は、契約者に万が一があった場合にローンをチャラにしますね。という保険です。来年亡くなりそうや、すでに命に関わる持病をもっている人であれば、たった数年で保険が適用される可能性があります。

保険会社としては、大きな損失になります。これは、民間の保険会社も同じと言えますね。

まとめ

銀行から融資を受けて不動産投資を実施するためには、

  • 年収500万円以上
  • 公務員・大手企業
  • 勤続年数3年目から
  • 年齢
  • CIC問題無し
  • 借入状況
  • 健康状態

など多くの項目が見られます。他にも詳しく話していくと、家賃の関係だったり、仕事の業務内容だったりも見られることもあります。

実際に資産運用について学んで「不動産投資」を開始したいと言う人もたくさんいますが、多くの人が条件に合わないのが現実です。

不動産投資は、意外と「選ばれた者」しか出来ないのが不動産投資になります。ぜひその「特権」を使って、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか?

hudousan
不動産投資は儲からない。しかし、オススメです!【購入しています】私は会社員時代の2017年から不動産投資(ワンルームマンション)を実施しています。すると、よく このような質問をよく受けま...
たぐち
たぐち
この特権を使わないのは正直勿体ない!!と思っています。