フィリピン投資

フィリピンが経済成長している3つの理由【ビジネス編】

フィリピンは今ものすごい経済成長を遂げています。この理由はどうしてですか?

このような質問をよく受けます。私がいろんな国を見てきて、フィリピンに投資することを決めました。その理由は経済成長が著しいからです。

フィリピンは今は経済成長率6%超えを達成しており、今後もこの勢いで成長すると世界銀行・アジア銀行も予想しています。間違いなく伸びていく国だと私も思っています。

では、フィリピンの経済成長を支えるビジネスは一体何なんでしょうか?これについて今日は解説していきます。

人口爆発も経済成長している理由の一つなので、こちらも参考にしてください。

人口ピラミッドから見るフィリピン投資【FPタグチ投資中】 私が国内はもちろんですが、海外にも投資をしています。その一番の国はフィリピンに投資しています。今は、フィリピン不動産と株に挑戦中...
フィリピンの特徴的なビジネスが分かります!理由も分かれば投資するのも面白い!

経済成長を支える3つのビジネス

では、フィリピンの経済成長を支えるビジネスは何なんでしょうか?主に以下の3つだと考えれらます。

  1. BPO(Business ProcessBusiness Process Outsourcing)
  2. カジノ
  3. OFW(Overseas Filipino Worker)

BPO

BPO(Business ProcessBusiness Process Outsourcing)とは、業務委託という意味になります。企業がコアビジネス以外の業務プロセスの一部を、外部の専門業者に委託することです。

先進国のバックオフィス業務がフィリピンに集まっており、世界の12%をフィリピンが占めています。特にコールセンターは、世界全体の50%以上がフィリピンにあると言われ、国内に大型のコールセンターが60カ所以上あります。

フィリピンがBPOの発展している理由として、

  1. 国民が英語を話すことができる
  2. ホスピタリティーがある
  3. 人件費が安価

の3つが主な理由です。

また、外資の税制優遇が進んでいたり、ドゥテルテ大統領が就任してから一層フィリピンの治安が良くなり政情も安定してきたこともあり、近年さらに海外企業の進出が進んでいます。

フィリピンにおけるBPO全体の売上は約230億ドル(約2兆6,000億円/2016年)で、世界市場の約12%を占めています。BPO市場の労働者数は約130万人に及びます。

カジノ

フィリピンは政府主導で大規模なカジノ計画が進められています。

ゲーミング規制当局PAGCORの発表によれば、2019年7〜9月のカジノからの粗収益は553.4億ペソ(約1,178億円)となり、過去最高を記録したとのことです。
昨年の同時期からは20.8%伸びているほか、今年の第2四半期からは5.8%プラスとなり、どんどんカジノ産業が盛んになってきています。下記はマニラの有名なカジノ。
  • ソレア・リゾート&カジノ
  • オカダ・マニラ
  • シティ・オブ・ドリームズ・マニラ
  • リゾート・ワールド・マニラ
フィリピンのカジノ産業は、将来的には、ラスベガスやマカオよりもさらに大きい、世界最大級のカジノリゾート「エンターテイメントシティ・マニラ」を完成させていく予定だと公言されています。
また、オンラインカジノの拡大も著しく進んでいます。オフラインもそうですが、オンラインカジノも中国人が多く占めます。中国ではカジノに対する規制が厳しく、その規制を逃れて、カジノで遊びたいと思う人が多いらしいです。
しかし、中国当局からカジノを取り締まる要請もきており、お客さんのほとんどが中国人を占める中、足かせになりうる可能性も大きくあります。実際にカジノ経営をしている中国人も多く摘発されています。(マカティー 違法カジノ摘発)
実際に行ってみたけど、ほとんどが中国人が占めていました!

OFW

OFW(Overseas Filipino Worker)とは、フィリピンの出稼ぎ労働者のことを指します。フィリピンでは、人口の10%(約1,000万人)国民に1人が海外で就労をしています。盛んな理由は、フィリピン人は英語がネイティブで世界のどこにいっても仕事ができる強みがあります。

日本にも約20万人のフィリピン人が滞在していますが、その多くがOFWになります。

家族の絆も特に強く、出稼ぎによる海外からのフィリピンの送金金額は、フィリピン中央銀行によると、銀行送金による金額だけでも301億3,330万ドルになります。送金だけでこの金額なので、現金で持ってくるのも含めると、これ以上とも言えるでしょう。

作成:フィリピン中央銀子データ

政府も1982年にフィリピン海外雇用庁を設立し、国民の海外での就労を奨励する環境作りを進め、様々な優遇措置も設けていることにより、今後もどんどん海外で働く人は増えていくと考えれます。日本も少子高齢化で労働者が少なくなっていることより、フィリピン 人を始め外国人を多く受け入れています。

フィリピン人がこれからも大きな助けとなるでしょう。日本の労働者不足問題を解決してほしい。

フィリピンへの投資は面白い

上記の理由にて、フィリピンが今どんどん経済成長しています。

  1. BPO(Business ProcessBusiness Process Outsourcing)
    ⇨海外の企業がどんどんフィリピンに進出している。英語も話せて人件費も安いので、進出しやすい。
  2. カジノ
    ⇨世界第一位のカジノ大国へとなってきている。
  3. OFW(Overseas Filipino Worker)
    ⇨外貨を稼いできて、フィリピン国内に送金している。

経済成長している理由も分かると、フィリピンへの投資はさらに面白いと思っています。ただ、海外の不動産投資を始めるにあたって、情報が少なかったりして不安になると思います。私の会社では、実際にフィリピン不動産を現地で行くツアーやセミナー等も開催していますので、ぜひお問い合わせください。(私が経営側で入っている会社になります)

アルファトライ株式会社

このブログへの問い合わせ、または会社メールにて「田口さん対応希望」と記入してくれれば、私が対応いたします。

一緒にフィリピンに行きましょう!