国内不動産

ワンルームマンション投資に向いている人、向いていない人の違いは?

ワンルームマンション投資を考えています。私にもちゃんと投資はできますか?

先日、このような質問を受けました、現在、ワンルームマンション投資が非常に流行っていて、投資しようか迷っている人も多いでしょう。

私も様々な投資を行っていますが、都内でワンルームマンションにも投資しています。

今日の記事を読むことで、あなたがワンルームマンション投資に向いているのか?それとも向いていないのかということが分かります。

私は向いているので、投資を始めました!
hudousan
不動産投資は儲からない。しかし、オススメです!【購入しています】私は会社員時代の2017年から不動産投資(ワンルームマンション)を実施しています。すると、よく このような質問をよく受けま...

ワンルームマンション投資に向いている人

さっそくワンルームマンション投資に向いている人の特徴について話していきます。下記に当てはまる項目があれば、向いているので挑戦してみてください。

  • 長期で投資ができる人
  • 借金について前向きな人
  • 将来のことを考えれれる人

長期で投資ができる人

ワンルームマンション投資は、基本的に35~45年と結果が出るまで長い歳月が掛かります。長期間、毎月の家賃収入と銀行への返済で利益は若干しか出ません。

長い期間のローン返済後に家賃が丸々入ってくるのが基本です。株やFX、仮想通貨などのように、一気に儲けようなどが、ほぼほぼ不可能な投資になります。

借金に対して前向きに考えられる人

ワンルームマンション投資は、借金をして始める人がほとんどになります。金額が2,000万円以上する物件が多く、そのお金は銀行から借りることになります。

借金といえば、あまり良いイメージは無いかと思いますが、自動車ローンや住宅ローンと違い、収益を生み出してくれます。将来的に、毎月働かなくてもお金が入ってくる資産になるということです。また、消費者金融やカードローンなどの借金とはまた訳が違います。

借金をして、投資をした方が収益を生むスピードが速く、多くの企業が銀行からお金を借りています。

将来について考えることができる人

ワンルームマンション投資は、35~45年と基本的に長期間ローンを組む投資になります。例えば、30歳の時にスタートしたら、繰上げ返済をしない限り、全て返済し終わるのが65歳すぎとなります。

65歳と言ったら、今の日本だと「老後」に当たりますよね。ワンルームマンション投資は、「老後」のことをしっかりと考えられる人でないと向きません。「今」楽しければいいやという人で将来について考えることが出来ない人は向かないかも知れません。

ただ、今の時代、将来の年金不足問題もありますので、「老後」について早い段階から考えることができないと老後破産の可能性は高いとは思います。

私の投資のキッカケも老後不安でした。

ワンルームマンション投資に向いていない人

それでは、次にワンルームマンション投資に向いていない人の特徴をお伝えします。前提として、ワンルームマンション投資は、「長期運用」「すぐには儲からない」「融資を受ける」が基本です。これらの条件がどれか一つでも当てはまれば、投資はしない方が良いでしょう。

  • すぐに結果を求める人
  • お金を借りることにものすごく抵抗のある人
  • 不動産のメリットについて一つも当てはまらない人

すぐに結果を求める人

ワンルームマンション投資は基本的に長期運用です。先ほどの向いている人の逆になりますね。銀行を味方につけて投資する場合が多いので、ローン返済は繰上げ返済等しなければ、35年以上はかかると頭に入れておいてください。

ローン支払い後に、やっと自分の手元に家賃収入が丸々入ってきます。

1ヶ月後、1年後、すぐに儲けるということはほぼほぼあり得ません。

お金を借りることにものすごく抵抗のある人

これも先ほどの向いている人の逆になります。一括で不動産を購入できる人は、さておき、基本的に数千万円の高額になるため、銀行から借入をして投資を始めます。

日本人の多くは、「借金」に対してものすごく抵抗感がある人も多いです。しかし、いい借金と悪い借金があるように、「良い借金」をすれば資産形成のスピードも速くなります。

ただ、いくらお金の勉強をしても、「良い借金」でも抵抗感がある方は投資をしない方がいいかも知れません。「良い借金」と「悪い借金」の違い

不動産のメリットについて当てはまらない人

不動産のメリットに対して、下記項目に該当する方は実施しない方が良いでしょう。

  • 年金対策⇨将来長く生きるつもりは絶対無い人
  • 節税対策⇨税金はむしろたくさん納めたい
  • 生命保険対策⇨残された家族に資産は残すつもりはない
  • 相続税対策⇨相続は税金をたくさん納めるものだ!

なかなか、いないとは思いますが、メリットに一つも共感できない場合はリスクだけ背負うことになります。

私は年金対策として、この投資を取り入れました。

まとめ

今回はワンルームマンション投資が向いている人と向いていない人の特徴についてまとめていきました。

ワンルームマンションに向いている人
  • 長期投資ができる人
  • 借金に前向きな人
  • 将来のことを考えられる人
ワンルームマンションに向いている人
  • 短期で利益を求める人
  • 借金に対して、ものすごい抵抗感がある人
  • 投資のメリットに一つも当てはまらない人

ワンルームマンション投資は、基本的に長期投資することによって、あたなの将来の人生を豊かにしてくれるものです。しかし、向いていない人が無理やり投資した場合は、不幸にする場合もあります。もし、「不動産投資をやってみたいけどな?」や「借金について詳しく聞きたい」など考えている人がいれば、私も投資してますのでお気軽に聞いてください。

また、ワンルームマンション投資は誰でもできるわけではありません。不動産投資ができる人の条件についてはこちらを参考にしてください。

不動産投資の向いていない人は実施しない方がよい。しかし、それ以外の人であれば、条件に合えば、実施した方が良いよ!