資産運用

「個人事業主」だからこそのおすすめ投資先4選!【FP解説】

個人事業主として、どのようなものに投資すれば良いですか?

先日、このような相談を受けました。個人事業主は、会社員と比べ貰える年金も多くはありません。特に将来のことについて考える人も多いのではないでしょうか?

また、個人事業として活動し始めると様々な情報に触れて、どれが正しいかも分からなくなる人も少なくは有りません。

私は現在、個人事業主であり、国内外10箇所以上に投資をしています。個人事業主としての投資への向き合い方、投資先を記事にしていきます。

今回の記事を読むことで、個人事業主はどのような投資先に投資をしたら良いのかが分かります。

ぜひ、投資の判断基準にして貰えればなと思います。

個人事業主だからこそ抑えておくべき3つのポイント

個人事業主と会社員では投資に対する考え方もまったく別物だと考えてください。個人事業主ならではの投資の考え方があります。

  • 会社員⇨毎月の安定した給料がもらえる
  • 個人事業主⇨月によって給料の変動がある

これを踏まえて抑えておくべきポイントが3つあります。

  1. お金の流動性
  2. 余剰資金で運用
  3. 節税対策

お金の流動性

投資におけるお金の流動性とは、そのお金を容易に手元に来るのかということを示す性質になります。

例えば、お金の流動性の悪いものの例としては、「保険の積立」などです。数年、数十年経過しないと解約金がかかり、手元に戻ってくる金額が積み立てた金額よりも低くなります。

また、よくある投資商品の中にも「2年間は引き出せません」など言った投資商品なども存在します。

月によって給料の変動がある個人事業主にとって、資金が一気に必要になる可能性もあります。その際にいつでも手元にお金が用意できるように投資先を選びましょう。

余剰資金で運用

会社員よりは、生活防衛資金(生活にある程度必要なお金)を余分に貯めておきましょう。毎月の収入が未確定です。仮に事業がうまく行かなくなったら、収入が0円になってしまい、生活に影響が出てきます。

投資も「絶対」ではないので、ある程度の余裕を持った資金で投資をしないと、露頭に迷うことになります。

節税対策

個人事業主ならではの、節税対策が優遇されている商品も存在します。これらの商品を利用することで、投資で得られる利益はもちろん、節税対策にもなりお金に余裕を持つことができます。

おすすめ投資先

それでは、個人事業主のおすすめの投資先についてお伝えしていきます。

つみたてNISA

2018年にスタートしたつみたてNISAに投資してみましょう。一般の投資と比べて、下記のメリットがあります。

  1. 手数料が安い
  2. 金融庁が「安全」と判断したもの
  3. 節税メリットがある

リスクが低く、安全で着実に資産形成をやりたい方向けにオススメです。節税効果として、20年間の間、非課税対象になるもの魅力でしょう。通常の投資であれば、20.135%課税されます。

【FP解説】つみたてnisaのメリット・デメリットを優しく解説2018年1月から「つみたてnisa」が始まりました。今後の資産形成に向けて大事な制度なので、ぜひ覚えておくべきです。 しかし、仕...
つみたてNISAは投資の中でも土台になるとこなので、投資初心者はこれから始めてみると良いです。

iDeCo

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことで、毎月掛け金を自由に設定して、定期預金や保険、投資信託に投資することができます。投資した金額は、60歳以降に一時金や年金として受け取ることができます。

毎月の投資金の上限は決まっていますが、個人事業主であれば会社員より多く掛け金を拠出することが出来ます。

引用:イデコ公式サイト

iDeCoの最大のメリットは、掛け金が全額所得控除になります。詳しいシュミレーションはこちらで確認できます。

ただ、お金の流動性としては60歳まで引き出せないという最大のデメリットがあります。

私はiDeCoの節税メリットを知りつつも、年齢的に長期間のロックがかかりますので、あえて投資をしていません。

エクシア合同会社

積み立てNISAやiDeCoよりは、リスクは高になりますが、まとまった資金があればオススメです。

2015年に設立された会社で、運用利率は月利で3%ほど出しています。最低出資額が100万円ですので、約3万円ほど利益が出せています。

収入で不安定な個人事業主にとって、収入を確保させるという意味で投資をすると良いです。私も投資をしています。

【2020年最新版】エクシア合同会社の実績・評判は?「エクシア(EXIA)について噂を聞いたけど、情報が少なすぎる」 「エクシア(EXIA)に投資したいけれども、概要が分からない」 「...
2018年1月から私は投資し始めています!

フィリピン不動産投資

不動産を欲しい!という個人事業主も少なくはありません。やはり今まで例に上げてきた金融投資よりも不動産のような実物資産の方が安定します。流動性はさすがに金融資産に比べてはるかに落ちますが、余裕があればチャレンジしてみるのをお勧めします。

不動産であれば、数千万円以上余裕のあるお金を持っているのか、銀行にお金を借りて投資するしか方法はありません。かなりのお金持ちか、信頼力の高く銀行がお金を貸してくれる会社員でしか、投資はできにくいものとなっています。

私が投資しているフィリピン不動産投資は、プレビルド投資という投資方法で毎月5万円ほどの投資資金があれば投資できる物件もあります。

特に審査もないので、経営者や投資に敏感な個人事業主が割合的にも多いです。

フィリピン不動産の費用は?いま私が投資しています。【2020年版】 投資を始めるにあたって、「実施にかかる投資金額」「投資リターン」は気になるところですよね。どんな投資にもシミュレーションは取って...

まとめ

今回は、個人事業主の投資への考え方、おすすめ投資先について記事にしてきました。

個人事業主は会社員と比べ、将来的貰える年金は少ないので、会社員よりも将来の資産形成について考えなければなりません。また、給料も月によって変動があるので、万が一の場合にも備えておく必要があります。

今回、個人事業主として様々なところに投資している私のおすすめ投資先を紹介してきましたので、ぜひ参考にしてください。

個人事業おすすめ投資先
  1. つみたてNISA
  2. iDeCo
  3. エクシア合同会社
  4. フィリピン不動産