おすすめ投資

ほったらかし投資は最強!コツコツと負けくい!【FPおすすめ先も!】

投資には興味はありますが、投資をする時間がありません。

実際に、ほとんどの方がお仕事しています。会社員をしたり、個人事業、会社を経営していたりと。それによって、投資をする時間が無い人も居ます。

ですが、そのような人にもできる投資術があります。それは、「ほったらかし投資」です。

私は現在国内外10箇所以上に投資をしていおり、その9割が「ほったらかし投資」で利益を出しています。

今回の記事を読むことで、ほったらかし投資ついて理解ができ、時間がない人でもリスクが低く、投資を始めることができます。

拘束時間が決まっている会社員の人に特におすすめですね!

ほったらかし投資とは?

ほったらかし投資とは、事前に投資環境さえ整えてあとは手をかけずに放置するだけの投資方法になります。

仕事が忙しい方や専門知識がない人に向いている投資になります。今の時代、少子高齢化で、将来の年金が減るのが予想できるため、ほったらかし投資を始める人は多くなっています。

ほったらし投資は最初にお伝えしますが、「楽しくはありません」自分がプレイヤーとして、日々投資と目を向けているわけでもなく、一気に儲かることもないですからね。

ただ、面白くはないが、長期間で資産が増えていきます。その理由を紹介していきます。

ほったらかし投資をやる6つの理由

ほったらかし投資には様々なメリットがあります。これらのメリットがあることより、ほったらかし投資はやる価値があり、ストレスなく、資産が増えやすくなります。

  1. 経済と連動してお金が増えていく
  2. 自分の時間が奪われない
  3. 感情に左右されない
  4. 複利効果が狙える
  5. リスクが抑えられ着実に資産が増えていく
  6. 老後資金の貯めるのに、向いている

経済と連動してお金が増えていく

現在、世界経済・米国経済など少しづつ成長していっています。リーマンショックやITバブル崩壊、コロナショックで世界全体の経済成長率(GDP)は時にはマイナス成長になりますが、長期間で見ると右肩上がりで成長しています。

国によって成長するスピードの差はありますが、人間の経済活動が続く限り世界はだんだん豊になっていくでしょう。

このように、世界経済や米国経済などに投資をすれば、それと連動しながら資金は増えることになります。

自分の時間が奪われない

お仕事している人にとっては、株式投資やFXのためにチャートにずっと張り付いていたり、良い投資情報があれば秒で飛んでいける人はほぼ居ないでしょう。

また、休日などはしっかりと休日したい人も多いはずです。帰宅後や休みの日はずっと勉強であれば身体も壊れてしまいますしね。

その分、ほったらかし投資は最初の投資の設定さえ抑えておけば、残りは自由です。今まで通り、仕事を行って、自由な時間は好きなことができます。

感情に左右されない

よく投資と聞くと、「株式投資」や「FX」などを思い浮かべる人が多いでしょう。そのような投資はよく「損する、怖いもの」というイメージを持っている人が多いです。

実は「損をする」理由の一番は感情コントロールが難しいことにあります。「もっと安く変えるかも」「高く売れるかも」など欲が働いてしまうものです。

ほったらかし投資は最初に一度設定してしまうと、淡々と投資をするだけなので感情を除外することができます

複利効果が狙える

投資で絶対に外せないのが「複利の力」です。複利とは元本に利息を加えた金額に対して、次の利息が付くことになります。長く投資をすれば、その分利益が出せます。
複利についての記事はこちら

現在の日本では、超低金利時代であり、銀行の金利が0.001%とお金は増えていきません。銀行に預ける代わりに投資信託などの商品で、得られた利益を再投資することによって、投資利益を大きくすることができます。

リスクが抑えられ着実に資産が増えていく

経済と連動したインデックスファンドを購入したり、すでに実績のあるプロフェッショナルにお任せしたりするので資産は増えやすいです。

投資の素人が、見極めすることは厳しですからね。経済に任せる投資か、プロに任せる投資にした方が、自分で見極めるよりはリターンは少なくなりますが、リスクは減らすことができます。

大儲けはしないが、資産は着実に増えるでしょう。

老後資金の貯めるのに、向いている

ほったらかし投資は、時間をかければかけるほどメリットが大きくなります。基本的に10年以上見ておくのが無難でしょう。

今の少子高齢化からして、年金制度だけでは生活が厳しくなるのは予想できます。今後、もらえる年金は少なくなっていくでしょう。そのためには、自分が高齢になっても、労働するか、投資で老後資金を確保しておく必要があります。

おすすめほったらかし投資先3選

それでは私のおすすめのほったらかし投資先を3選お伝えします。これらは全て私も投資をしており、ほったらかし投資に向いているなと思った投資先です。

積立投資

投資の基本中の基本であり、ほったらかし投資に一番向いています。積立投資とは、毎月一定額投資をし、長期間運用することで利益を出すことが出来ます。

ドルコスト平均法も利用でき、株価が下がった時も、上がった時も嬉しい投資になります。ただ、長期投資しないと利益を得ることは難しいです。
ドルコスト平均法の説明はこちら

また、NISAやiDeCoなどとも連携ができ、投資をしながら節税もできるというメリットがあります。
積立投資のおすすめ銘柄一覧

都内ワンルームマンション投資

東京都内のワンルームマンション投資もおすすめです。不動産投資は大金が必要であり、一部しか儲からないイメージもあるかも知れませんが、そんなこと有りません。場所によってリスクリターンを調整できます。

都内のワンルームマンションをおすすめしている理由は、一番リスクが低いからです。その代わり短期間で利益は出すことはできません。物件さえ選ぶのを間違えなければ、老後資金の助けになってくれます。

購入後の管理は基本的に管理会社が実施してくれるので、特に自分が新しい入居者を見つける、退去後の部屋の状態を確認する、家賃を回収するということはありません。
不動産投資はこちら

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、いかなる市場環境においても利益を出すことを目的に運用を行うファンドのことを言います。

私もヘッジファンド投資はいくつか利用しております。自分で投資するよりもプロに投資してもらう方が利益が出る可能性が高いですしね。

ただ、ヘッジファンドなどお金を他人に運用してもらう投資には詐欺の話も多いのが現状です。騙されないように知識をつけ、信頼できるところに依頼しましょう。

見極めが大事になるので、上記二つよりは経験が必要かもしれませんね。
ヘッジファンドランキング

まとめ

今回はほったらかし投資をやるべき理由について解説していきました。下記の理由を理解して投資をしていくと、ほったらかし投資の魅力が分かります。

  1. 経済と連動してお金が増えていく
  2. 自分の時間が奪われない
  3. 感情に左右されない
  4. 複利効果が狙える
  5. リスクが抑えられ着実に資産が増えていく
  6. 老後資金の貯めるのに、向いている
    これらのポイントを理解した上でおすすめほったらし投資にチャレンジしてみてください。今の時代、国の年金に頼ることは難しくなっています。少子高齢化に加え、平均寿命の伸びなども考慮しなくては行けません。
    しっかりと投資について理解して、今後の生活も豊かにしていきましょう。
着実に資産を増やして、行きましょう!