生活

投資話の嫌われない断り方10選!【嫌な投資はやらない!】

はるっち
はるっち
友人から投資話を聞いたんですが、あまり興味のない投資でどう断ろう。。。
たぐち
たぐち
友人からの話しということで、断りずらい人も多いのは事実。これで悩んでいる人も多いよね。

仲の良い友人から投資の話を持ちかけられたり、実際にお世話になっている保険会社や銀行から投資を勧められて、乗り気ではないが投資をしたことはありませんか?

今回の記事は、投資の嫌われない断り方や無理矢理契約させようとする人の心理についてお伝えしていきます。

この記事で分かること
  • 嫌われない断り方7つ
  • それでもダメな場合
  • 無理矢理、投資させようとする人の心理
  • お断りフレーズまとめ

嫌われない断り方7選

早速、投資話に興味が無い断り方を伝えていきます。この断り方を使えば、嫌われずに投資を自然に断ることができます。

基本的に、悪徳営業マン意外であれば、はっきりと断ると追ってきません。

できる営業マンのためにも、さっさと断りましょう。

投資には興味ありません。

一番、シンプルな答えです。「投資に興味がありません」これが一番。

私は投資に興味ありありですが、興味ないものは興味ありません。

ぶっちゃけ、この一言で、引いてくれます。これで引かなかったら、詐欺師や悪徳営業マンの可能性は高いですね。

たぐち
たぐち
これが、一番シンプルで一番嫌われません!勇気をもって、はっきり自分の意見を伝えよう!

お金貯まったら、検討します。

今では無いけど、てきとーに「1年後くらいにもし機会があれば」みたいに遠回しに断ってください。

基本は、「投資に興味ないんだな」と察してくれます。

詐欺師や悪徳営業マン、もしくは人の感情にかけている人以外は、ここで引いてくれます。

親に相談します。

20代のうちによく使える技です。

意外と、親の存在は大きく、親に相談しますと伝えたら、引いてくる人が多いです。

興味のない商品は、親を出してしまえば、相手がビビって引いてくれる可能性があります。

(時代背景で、正直、投資は親に相談することで、マイナスが多いですが、断りたい時は使ってください。)

お金、ありません。

投資は、「余剰資金」でやるものです。良い営業マンや紹介者であれば、お金がない人に投資は基本させません。

時々、ここで「消費者金融から借りればいいじゃん!」っていう人がいますが、それは詐欺確定です。

若者がよく騙されている手口なので、気をつけましょう。

はるっち
はるっち
消費者金融から借りて、投資は絶対ダメだよね。。。怖い怖い。。

今、借金しているんですよね。

「消費者金融からお金を借りているんですよね。」

こう伝えてください。金額は100万円くらいで大丈夫です。

ここでもゴリ押ししてくる場合は、「金利」の話をして上げましょう。

キーウィーくん
キーウィーくん
仮にどんなに良い投資でも、金利の話をして、答えれなかったら、その人からの投資は信用しちゃだめ!

金持ちアピール

「10億円もっているのでやる意味分かりません。」

意外とお金持ちアピール効きます。テキトーに暗号通貨当たったとか、祖父の遺産とかいいましょう。

実際に、10億円あれば、投資は無理にしなくても良いですからね。

中途半端な営業マンや紹介者だど、恐れおおくて引いていく人がいます。試しに使ってみるといいかも知れません。

たぐち
たぐち
投資は免れるが、変な虫が付くかもしれませんがww

知識武装

勉強して相手よりちょっと上の知識をつけましょう。

商品の提案のときに、「これはこうだけど、こっちの投資の方がリスクと利回り考えるといいですよね?」「この投資には、こういうリスクがあると思うんだけど、どう思いますか?」

人間は自分より知識がある人には心理的に営業したくないものです。日々の勉強が欠かせない断り方になります。

たぐち
たぐち
その辺の勧誘者や営業マンだったら、ぶっちゃけ1日10分の勉強を1年くらい続けたら勝てます。

それでもダメな場合

紹介した断り方で、断れずにしつこい場合は、最終手段を取ります。

まあ、この方法取らなくても、もう「嫌い」なので連絡先ブロックで終了なんですがね。

どうしても、ブロックできない理由がある場合は、他を使ってください。

  1. 連絡先ブロック
  2. 警察にいきます。
  3. 会社に連絡します。
  4. 弁護士に連絡します。
投資詐欺に合ったと思ったらまずやるべき事【どこに相談?】 先日、友人からこのような話が来ました。実際に、投資詐欺に引っかかる人は多いです。私の友人やお客さんで過去に詐欺に合ったと言う人を...

無理矢理、契約を持ちかける人の心理は?

では、どうして、「投資興味ないアピール」「はっきり断っている」のに契約させてくるのでしょうか?

それの心理を説明します。

自分の利益しか考えていない

基本的に、商品にも人に丁寧に説明し、紹介するときは「お金」が発生します。

会社で顧客をゲットできれば、会社からのボーナスやインセンティブが入ります。友人が進めてきたら、何かしらの紹介料をもらっている可能性が高いです。(友人の場合は、好意や自己満の場合もあります。)

特に、友人経由の場合は、ネットワークビジネスでしつこく勧誘された人も少なくはないでしょう。

しつこい人は、自分の利益しか考えていません。どんなに良いものでも、その人から投資や購入すると、あなたにとって良いことはありません。

上司のプレッシャー

会社の営業マンでよくありますが、上司のプレッシャーで「どうしても契約しなくては」と思っている社員も少なくはありません。

営業会社の闇ではありますが、このプレッシャーのせいでお客様に投資商品をゴリ押する人がいます。

最後にお断りフレーズまとめ

ここまで、投資を上手に断る方法について話してきました。フレーズを下記にまとめましたので、使ってみてください。

投資お断りフレーズ
  • 投資に興味ありません
  • 数年後、検討します。
  • 親に相談します
  • お金、ありません。
  • 今、借金してるんですよね。
  • 10億円持っています。
  • 私はこの投資先において、ここと比較してーーーー(知識武装)
たぐち
たぐち
私は、「興味ないです」基本的に片付けています。
今回の記事で分かったこと
  • 嫌な投資の断りフレーズ
  • それでも、しつこい場合の対処法
  • 無理矢理契約させる人の心理
期間限定:無料投資プランニングサービス


ブログ問い合わせ者、1年で100名のコンサル達成記念により、期間限定で無料コンサル初めした。
個別の投資先を聞きたい人はこちら(無料)

プランニングサービスはこちら