フィリピン投資

DMCI HOMESってどんな会社なの!?【フィリピン不動産投資】

はるっち
はるっち
フィリピン不動産をはじめるにあたり、DMCI HOMESっていう会社に辿り着きました。どんな会社なんですか?
たぐち
たぐち
実は、私はDMCIで不動産投資をやっており、さらに現地まで行ったことあるよ!知っていること伝えるね!

フィリピン不動産投資を検討している人が、デベロッパーを調べると、必ず出てくる会社が、「DMCI HOMES」という会社です。

日本では、アヤラランドやSMDCなどが一般的に有名かもしれませんが、フィリピンや日本のフィリピン不動産投資から絶大な人気を誇るのがこのDMCI HOMESになります。

今回は、DMCI HOMESとはどんな会社なのか?について、解説していきますね。

この記事で分かること
  • DMCI HOMESってどんな会社?
  • DMCI HOMESのメリット3つ
  • 私の物件について!

DMCI HOMESってどんな会社?

大元のDMCI Groupは、1950年代に設立された会社になります。

DMCIは、大手の財閥インフラ会社になり、フィリピン国内では知らない人はいません。

DMCIの事業として、土木、建設、不動産、鉱山開発、電力、水道関係など幅広く事業展開しており、不動産事業をDMCI HOMESが担っています。

DMCI Groupが不動産に携わるまで

今まで、建築関係しかやってきませんでしたが、20年前の金融危機により、自社で全てやらないと今後生き残っていくのは厳しいということで、1995年にDMCI HOMESが設立されました。

現在は、メトロマニラの中で約70物件ほど、DMCI HOMESが建設しています。

理念

創業者:David M.Consuji
多くのフィリピン人が家族と充実した幸せな時間を過ごせる「HOME」を提供したい

フィリピン人がマイホームを持って欲しい!購入後も、近隣の人と仲良く、幸せなライフスタイルを送って欲しい。

という意味が込められているそうです。

実際に、DMCI HOMESの日本マーケットの桐原さんの話によると、会議では住民の話を会議に取り上げ、真剣に話し合っているそうですね。

日本人に優しいデベロッパー

DMCIは、日本からODAで支援を受け、インフラを作った会社になります。

その際に、お金だけでなく、損得勘定無しで技術を伝えてもらうなど、日本にはかなり恩があるそうです。

また、日本人の経営理念や経営方針を大事にするということに感銘を受け、それ通りに実施して大きくなったという話もあります。

こういう経緯があり、日本人へのマーケットを広げていくのが何よりの恩返しだということで、「日本人枠」が用意されています。

また、フィリピンが日本食や日本アニメが大人気により、日本人が購入した物件が価値が高くなったり、住んでいると物件の価値が上がるそうです。

はるっち
はるっち
日本と縁がある会社なんですね!日本人として、嬉しいです!!

DMCI HOMESがお勧めな理由

  1. フィリピンの最上級AAAデベロッパー
  2. 物件価格が割安
  3. インフラ会社なので開発計画を熟知

フィリピンの最上級のAAAAデベロッパー

フィリピンのデベローパーでAAAAの評価を最初に取った会社です。AAAの評価はいくつかありますが、その上をいく最上級の評価になっています。

要するに、クオリティーが一番高いということです。もちろん、 DMCI HOMESは国内デベロッパーランキングでも1位も取っています。

AAAAの評価を与えられると、海外の街開発などに入札ができ、世界で戦える会社ということが証明されます。

ドバイの、パーム・ジュメイラは、DMCIがかかっわっているそうですね。

物件価格が割安

物件価格は、フィリピン人向けなので、価格が安いです。

物件価格だと、最近販売された、中心地の物件でざっくり、1Bet roomで1200万円、2bet roomで1600万円 くらいですね。

結構お手軽に購入できる価格ですし、フィリピン人の所得も現在上がっていますので、賃貸付もやりやすくなっています。

インフラ会社なので開発計画を熟知

今まで、70物件ほど建設しているんですが、いままで全物件、全部屋、物件価格が一度も下がったことがありません。

今のところ、どの物件を買ってもハズレはないということです。

DMCIはインフラ会社なので、値上げするであろう土地が分かり、すでに押さえて開発しているので、価格が上がりやすいらしいですね。

たぐち
たぐち
他の会社と比べて、物件クオリティー、値段を比較するなど比較すると、DMCIの素晴らしさがよりわかります!

DMCIで不動産投資始めました

実際に、私もDMCI HOMESの不動産を現地まで見学し、購入まで至っています。

本社見学、物件視察情報は下記記事をご覧ください。

DMCI HOMESの本社に遊びに行ってみた

DMCI HOMESの建設現場に遊びに行ってみた

海外の不動産ですし、少し不安でした。そのため、自分の目で本社や建設されている物件を見学しにいきました。

ちなみに、私の購入物件は、Cameron redidencesという物件です。2019年から投資をしはじめ、物件価格が現在20%UPしました。

現在は、コロナでフィリピンに渡航できませんが、(2021.6時点)、収束後にまた行こうと思います。(個人のボランティアもありますし)

ぜひ、一緒に視察行きましょう!

はるっち
はるっち
コロナ収束後、フィリピンに行けるのが楽しみになるね!

まとめ

今回は、DMCI HOMESの会社紹介を記事にしました。

実際に私も投資をしており、フィリピン不動産に投資をするのなら、お勧めの投資先になりんます。

また、定期的にDMCI HOMESのフィリピンツアーも行っています。行けるようになっったら、ブログでも宣伝しますね!

この記事で分かったこと
  • DMCI HOMESについて
    1950年台に始まった会社で、フィリピン最大手の財閥。不動産事業を担当する
  • DMCI HOMESのメリット
    フィリピンの最上級AAAデベロッパー
    物件価格が割安
    インフラ会社なので開発計画を熟知
期間限定:無料投資プランニングサービス


マレーシア移住記念により、期間限定で無料でアドバイスします!!
個別の投資先を聞きたい人はこちら(無料)

プランニングサービスはこちら