移住情報

ラブアン法人&クアラルンプール生活が最強【フリーランス・経営者】

はるっち
はるっち
会社経営者やフリーランスでも海外移住する人が今増えていますよね!
たぐち
たぐち
ネットで仕事ができる時代、どんどん増えていますよね!その中でもラブアン法人設立のクアラルンプール生活が最強です!

私は、日本ではフリーランスとして、会社経営者として活動していました。

しかし、現在はラブアン法人を設立し、マレーシアの首都・クアラルンプール生活をしています。

この記事では私がラブアン法人を設立し、移住したことで感じたメリットをお伝えしていきますね!

この記事で分かること
  • ラブアン法人+クアラルンプール生活が最強な理由
  • 移住した方がいい理由
  • 移住後の注意点

ラブアン法人してマレーシア移住検討している人はこちらの記事から

ラブアン法人設立+クアラルンプール生活が最強

ラブアン法人設立し、クアラルンプール生活ってどういうこと?と疑問に思っている人も多いかもしれません。

これは、「ラブアン島」に会社を設立し、「クアラルンプール」に居住地を置いて生活ということです。

ラブアン島に会社を設立しているので、就労ビザはラブアン島で取得します。一般的にはビザを発行したところで生活しなくてはなりません。

しかし、ラブアンは世界で唯一、経済特区外での生活が認められています。

そのため、移住者のほとんどの人がマレーシアの首都・クアラルンプールで生活をしております。

クアラルンプールは、かなり発展しており、伊勢丹やドンキホーテを初め、日本のお店がたくさんあるので、移住後の生活には困りません。

たぐち
たぐち
もし、ラブアンで生活してください言われたら、1週間で限界かもしれません。。。

ラブアン就労ビサ取得の様子

移住するべき理由

マレーシアには移住メリットがたくさんあるので、伝えていきますね。

私は日本より快適に暮らせていると実感しています。

おそらく多くの移住者が思っており、移住人気ランキングで常に上位をキープしてるのも納得です。

はるっち
はるっち
マレーシア移住メリットはたくさんある!!

税金が安い

日本より税金が安いです。

例えば、会社経営者だと、日本の法人実行税率は約30%ほどですが、ラブアン法人を設立すると、最大3%まで下げることができます。

個人の所得税も、日本だと最大半分は税金になりますが、マレーシアの最大税率は30%です。

また、投資益に対する税金、暗号通貨に対する税金は非課税対象なので、事業はもちろん、投資家にとっても人気です。

ラブアン法人設立メリットの記事はこちら

気候が良い

マレーシアは1年中暖かい国になります。毎日、半袖短パンでも過ごすことが可能です。

私が、日本の冬だと朝寒くて布団から出れないので、マレーシアは目覚めにも良く仕事にもスムーズに取り掛かれます。

物価が安い

日本と比べて物価が安く、日本の収入を確立していれば、かなり豪華な生活ができます。

例えば、賃貸不動産が良い例かもしれません。

私は上京したての頃、新宿駅まで徒歩20分くらい、6畳1部屋、築23年で家賃が8.3万円のところに住んでいました。

しかし、マレーシアでは、家賃8万円も出すと、中心地、築浅物件、1LDK、さらに無料のプール・ジム付きなど日本では考えられない物件に住むことが可能です。

下記のサイトでマレーシア不動産情報が確認可能です。

ipropertypropertyguru

不動産を例にしましたが、もちろんタクシーやバス、食事も日本と比べたら安価です。

時差が1時間しか変わらない

マレーシアと日本との時差は、たったの1時間しか変わりません。

そのため、日本の会社や個人と取引がある場合でも仕事に支障は出ません。

これが、ドバイやヨーロッパ移住者になると、夜遅くまで起きる必要があったりするので、時間の調整が大変です。

英語が学べる

マレーシアは、街中での会話は英語であることが多いので、自然に英語を聞き、話すことになります。

そのため、英語に慣れることができます。

本格的に学ばないと、習得することはできませんが、最低限の日常会話くらいは可能になります。

移住すべき注意点

19

私が感じた移住すべき注意点をまとめました。

もちろん、日本での生活よりも、マレーシアの生活で困ったことや違いなどはありますが、だんだんと慣れていきます。

移住前に知っておくことが重要です。

はるっち
はるっち
移住する前に、注意点を押さえて快適な生活を!!

手続き等が英語

会社設立や銀行口座開設手続き、現地の保険加入など全て英語になります。

そのため、よくわからずにサインしたり、契約する間違いもあるので、英語に自信のない人は必ず信頼できる人と一緒に作業をしましょう。

文化の違い

文化の違いに最初は戸惑うかもしれません。

例えば、マレーシア人は仕事の最中でもYouTubeを見たり、ネットショッピングをしたり自由な人ばかりです。

急ぎの手続きでも、「昼ごはんの時間だから、手続きは午後からやるね」など普通です。

日本と違い、「仕事第一、お客様は神様!!ではない」ことを理解しておきましょう。

また、多国籍国家であり、現地人と付き合う時はその国の宗教の違いなど最低限頭に入れておくことも大事になります。

はじめは孤独

移住直後は、知り合いもほとんど居ず、孤独かもしれません。

しかし、活動していくと、知り合いがどんどん増えていくので孤独は無くなります。

ただ、あまり人付き合いしない人にとっては、海外移住は快適です。

まとめ

今回は、会社経営者・フリーランスはラブアン法人設立+クアラルンプール生活が最強な理由について説明しました。

私が実際に生活してて、「メリット」「注意点」についてもお伝えしましたので、移住の検討材料になればなと思います。

(追記)また、移住後は病院関係もあらかじめ調べる必要があります。対策はこちら

この記事で分かったこと
  • ラブアン法人+クアラルンプール生活は最強
  • 移住でのメリット
  • 移住での注意点
たぐち
たぐち
移住仲間がどんどん増えたらなど思ってます!!お気軽にご連絡ください!
ABOUT ME
たぐち
FPブロガー×個人投資家 国内外10ヶ所以上に投資をして、その投資ノウハウをブログにて発信中。2014年から投資を始めて、20代のうちに、運用資金は1億円を突破。ブログからの問い合わせで2021年には、100名以上をコンサルティング。現在は、ラブアン法人を設立し、マレーシアで生活。
期間限定:無料投資プランニングサービス


マレーシア移住記念により、期間限定で無料でアドバイスします!!
個別の投資先を聞きたい人はこちら(無料)

プランニングサービスはこちら