移住情報

ラブアン島(マレーシア)で就労ビザ取得!ついでに観光も!【体験談】

はるっち
はるっち
ラブアン島で就労ビザ取得する流れを教えてください!
たぐち
たぐち
実際に現地まで行って手続きしてきたので伝えるね!

先日、会社ビザ取得のためラブアン島の移民局まで行き、手続きを行いました。

ラブアン島まで行って、実際に就労ビザを発行している日本人はそこまで多くはありません。

この記事では、私が実際にラブアン島に行って取得までの手順を伝えますね!
移住手順はこちらから

この記事で分かること
  • 就労ビザ取得まで
  • ラブアン島での就労ビザ取得方法
  • ついでに一人観光

就労ビザ取得までの流れ

  1. 書類準備
  2. 法人手続き・ビザ申請
  3. マレーシア入国
  4. 就労ビザ取得(ラブアン渡航)
  5. 銀行口座開設

マレーシア入国が無事に完了したら、ラブアン島へ渡航し、就労ビザを発行します。ここまで完了したら無事に移住手続きが完了し、マレーシアに住むことができます。

はるっち
はるっち
マレーシア移住完了までもう少し!!

ラブアン島でやること

ラブアン島でやることは以下の2つです。

  • 就労ビザ取得⇨ラブアン移民局へ行き、ビザ取得
  • SOCSOのサイン⇨信託会社にてサイン

SOSCOとは!?

被雇用者社会保障のことであり、労働災害の保障を目的としています。

就労ビザ取得・SOUSO手続き

早速、ラブアンに着いたら、以下の流れで手続きを行います。

たぐち
たぐち
手続きは意外と簡単にできます!!

移民局までの行き方

ラブアン島の移民局(就労ビザ発行する場所)は、Financial Parkの中にあります。

私が手続きを行なった時は、たまたま人が少なく1時間くらいで手続きは終わりましたが、混んでいる時はラブアンに2日〜3日ほど滞在することもあるそうです。

就労ビザ取得のために、最低2泊3日は確保しておこう

就労ビザ取得の流れ

早速、就労ビザを取得していきましょう。簡単な移民局の中の様子は写真を撮りました。

  1. 就労ビザを取得することを伝える
  2. 料金の支払い(RM525)
  3. 書類記入
  4. 就労ビザ取得

こちらが、就労ビザ取得までの簡単な流れになります。手続きは現地の信託会社の社員が同席してくれて、スムーズに行うことができます。

そのため、マレー語はもちろん、英語ができない人でも簡単に手続きが行えます。

こちらが実際に記入する書類になります。名前やパスポート情報、会社情報など記入し提出します。

書類を提出して、数十分後、ビザ取得完了です!!

SOUSOの契約

こちらは、SOUSOの契約書になります。

後ほど、SOUSOについて詳しく記事は書く予定ですが、私がラブアン人を2名雇いますので、雇用保険制度のサインの書類です。

はるっち
はるっち
税制メリットを最大限に受けるために、ラブアン人2名の雇用が条件

1人でラブアン島を観光してみた(おまけ)

今回、就労ビザ取得のあと、時間ができたのでラブアン島を観光してみました。

ただ、現地で仲良くなったラブアン島に観光地など聞きましたが、何もなさすぎて毎日暇だと言ってました。。。。

街中散策

繁華街は「The 東南アジア」です。マレーシア首都のクアラルンプールとは大きく異なり、まだまだ発展仕切れていない街並み。

決して綺麗とは言えませんが、日本と大きく違うため刺激になります。

水族館

なんと、ラブアン島には「無料」で入れる水族館があります。

決して、大きくはありませんが、大きなロブスターや滅多に見れないカブトガニなどを見ることができます。

 

日本食レストラン

ラブアン島で唯一の日本食レストラン、「SENKAWA」が水族館近くで営業しています。

ランチメニューだとRM20くらいで食べることができ、私はさわら焼き定食(肉じゃが付)を注文しました。

たぐち
たぐち
美味しくて、安くて、日本人におすすめ!!

まとめ

今回はラブアン島に行って、就労ビザ取得の体験談を記事にしました。

実際に、ラブアン島まで行って、手続きをしている日本人はそれほど多くはありません。

ぜひ、ラブアン島へ就労ビザ取得の予定のある人は参考にしてください。

このブログでは移住に関する、情報を最先端で発信していきます!

ここにボックスタイトルを入力
  • 誰でも簡単に手続き可能
  • 混んでる場合も考えて、2泊3日は確保しておく
  • 観光名所は特になし(おまけ)
たぐち
たぐち
移住仲間が増えればと思います!ラブアン法人設立について詳しくききたい方はお気軽にご連絡待ってます!
ABOUT ME
たぐち
FPブロガー×個人投資家 国内外10ヶ所以上に投資をして、その投資ノウハウをブログにて発信中。2014年から投資を始めて、20代のうちに、運用資金は1億円を突破。ブログからの問い合わせで2021年には、100名以上をコンサルティング。現在は、ラブアン法人を設立し、マレーシアで生活。